リポート

レースリポート

Fomula NIPPON
Super GT
特別戦 11月16日・17日 富士スピードウェイ 予選--位 決勝--位 ギャラリー

フリー走行

シーズン最初の頃に走った時よりも良い感触では走行出来ましたが、最後のニュータイヤでのアタックが決めきれませんでした。内容は少しずつですが良くなって来ていると思いますので、予選&決勝に向けては引き続きその辺りを重点的に攻めて走行を行いたいと思います。

予選

今回の予選は、前日とは打って変わって、ウェットコンディションで行われました。

しかも今回はスーパーラップ方式で、タイムアタックは計測2周で行われました。

ドライでの感覚が満足のいくレベルではない中でのウェットだと、やはりまだだま攻めきる事が出来ませんでした。

決勝

フリー走行での反省点を考慮し、レースに挑みました。スタートは上手く決まり、1コーナーまでに2台程パス出来ましたが、1コーナーでの渋滞で行き場が無くなり 逆にポジションを落としました。

その後、前に付いて行く事で何かしら掴んでやろうと頑張りましたが、10周を過ぎた辺りからマシンのオーバーステアに苦しみ、上手くラップを重ねる事が出来なくなりました。ただ今回のレースは、22周と短いレースでしたが今までよりは上手く乗れたんじゃないかと思います。

まだまだ改善点は多いですが、今年一年間参戦させて頂き、GTだけだと学べなかった事を沢山学べたと感じています。
これだからフォーミュラーは乗っていたいカテゴリーです。
今年はブランクもあり、最後まで納得の行くレースが出来ませんでしたが、欲を言えば来年も同じ体制でレースが出来ればと思います。

これまで2年間連続でフォーミュラーのカテゴリーの参戦はないので、来年またFNに乗れる様に頑張りたいと思います。
最後に、応援して下さった皆様、ありがとうございました。 中々厳しいレースばかりでしたが、自分自身にとっては本当に貴重な経験が出来たと思っています。

この経験を来年以降に繋げられる様に今後も頑張って来ますので、今後も御声援宜しくお願い致します。

折目 遼
フッターイメージ