リポート

レースリポート

Fomula NIPPON
Super GT
第四戦 7月14日・15日 富士スピードウェイ 予選--位 決勝--位 ギャラリー

フリー走行

前回のオートポリスからの延長線上で、今回の富士は挑みました。

ドライビング面でもセット変更に合わせ変えていく必要性がありましたが、今まで以上に1時間の走行の中で様々なトライが出来、内容の濃いフリー走行だったと思います。

予選

フリー走行で得た事を元に予選に挑みましたが、ポジションは17位に沈みました。

しかしながら、今回は今までよりもタイム差がかなり縮まり、ドライコンディションでの感触は良くなってきたと感じる事が出来ました。

ただ、まだまだやるべき事は多いですし、ここからもっとタイムを削っていく為には、更にトライしていく事が必要だとも改めて感じた予選でした。

決勝

スタート直前に雨が降り出した為、難しいコンディションでのレースでしたが、ドライ時のペースは良く安定して走行出来たと思います。

しかし、中盤でのウエットタイヤに変えてからの走行は、マシンをコントロールする事がとても難しく、最終的にはコントロールを失いエンジンを止めてしまう結果になりました。

今回のレースでは、チームが色々なセット変更をしてくれたお陰で、マシンに対する理解度が増えた一方、現状の良い部分、そうでない部分がはっきり分かったレースになったと思います。

まだまだ多くの課題をクリアーする必要性がありますが、確実に一歩ずつ進んで来ているので、茂木では今回よりも良い走りが出来ると思います。

折目 遼
フッターイメージ